個人事業主はファクタリング利用出来る?個人事業主対応可のファクタリング会社を紹介!

個人事業主に特化ファクタリング会社ファクタリング基本知識

個人事業主の方もファクタリングを積極的に利用しようと考えていることでしょう。

とはいえ、本当に個人事業主でも利用出来るのか不安も。

この記事では個人事業主の方がファクタリングを利用する上で注意すべきことをまとめました。

是非ファクタリングを利用する際の参考にしてください。

・個人事業主がファクタリング審査に即日通過するポイント
・個人事業主がファクタリングを利用する際の必要書類
・個人事業主も利用出来るおすすめファクタリング会社
・個人事業主がファクタリングを利用する際に気を付ける3つのポイント
アフィリエイト(トップ・マネジメント)

累計買取高100億円

4,5000件を超える買取実績!

最上級の ファクタリング サービスはこちら!

個人事業主でもファクタリングを使える?

個人事業主でもファクタリングを使える?結論からいうと、ファクタリングは個人事業主でも利用出来ます

ただし、個人事業主対応OKのファクタリング会社は少ないというのが実情です。

次に、個人事業主のファクタリング利用が難しいのかを解説していきます。

個人事業主のファクタリング利用が難しい理由

ファクタリング利用が難しい理由

個人事業主がファクタリングを利用するのが難しい理由は主に3つあります。

  1. 売掛債権に関する理由
  2. 職業形態に関する理由
  3. ファクタリング事業者の観点

それぞれを説明していきます。

1. 売掛債権に関する理由

売掛債権に関する理由に該当する事由は5点あります。

  1. 売上債権の金額が買取最低金額に達していない
  2. 取引が不安定で、安定的な売上債権の確保が出来ない
  3. 売上債権の信頼性が低い
  4. 債権譲渡登記が出来ない
  5. 売掛金の入金までの期間が長い

それぞれを詳しく説明していきます。

1. 売上債権の金額が買取最低金額に達していない

1. 売上債権の金額が買取最低金額に達していないファクタリングサービスの多くは少額買取に対応していません

金額の大小にかかわらず、ファクタリング会社の作業負担は変わらないから。
そのため、少額の売掛債権は敬遠される傾向にあります。

2. 取引が不安定で、安定的な売上債権の確保が出来ない

2. 取引が不安定で、安定的な売上債権の確保が出来ない一般的に、取引が不安定だったり、安定的な売り上げが出せない個人事業主の方が多いです。
ファクタリング会社の売り上げを安定させるためには利用者の収益の安定性は必須
収益が不安定になりがちな個人事業主の方の利用は難しくなるのです。

3. 売上債権の信頼性が低い

3. 売上債権の信頼性が低い債権の信頼性が低ければ、いくら十分に売掛債権があったとしても、審査に落ちてしまいます
安定的な取引がなかったり売掛先の企業規模が小さい場合には信頼性は低くなる

4. 債権譲渡登記が出来ない

債権譲渡登記が出来ない法人とは異なり、個人事業主の場合は債権譲渡登記が出来ません

ファクタリング会社にとっては、債権の二重買取を防ぐ方法がないということ。

そのため、リスクを負わないためにも取引を行わないという選択をするファクタリング会社が多くなります。

5. 売掛金の入金までの期間が長い

5. 売掛金の入金までの期間が長い入金までの期間が長い場合、貸し倒れのリスクがあると判断されます。
回収にまで手が回らないことを懸念され、ファクタリングを利用出来ないことがあります。

職業形態に関する理由

職業形態関する理由に該当する事由は3点あります。

  1. 個人事業では信用が低い
  2. 税理士などに依頼をしていない
  3. 税金等の滞納が見られる

それぞれを詳しく解説していきます。

1. 個人事業では信用が低い

個人事業では信用が低い
社会的信用度は、法人>個人事業主
帳簿や取引内容に虚偽がある可能性や、資金用途が事業用なのか生活用なのかが曖昧といったことから信用が低くなります。
信用が低いということは債権譲渡登記が出来ない個人事業主にとっては大きなリスク。
そのため、取引が出来ないことが多くなります。

2. 税理士などに依頼をしていない

税理士などに依頼をしていない税理士などの専門家に依頼することなくファクタリングを利用しようとする個人事業主がほとんどです。
専門知識の不足する個人事業主と取引するリスクを考えて、断られることも多くなります。

3. 税金等の滞納が見られる

税金等の滞納が見られる社会保険料、税金等の滞納が目立つ場合、事業主に問題があると判断され断られてしまいます。
もちろん、滞納があっても利用出来る場合もありますが、難しくなることは事実です。

ファクタリング事業者の観点

ファクタリング事業者の観点に該当する事由は2点あります。

  1. 条件に合致していない
  2. 面談の印象が悪い

それぞれを詳しく解説していきます。

1. 条件に合致していない

条件に合致していないファクタリング事業者ごとに、それぞれ条件が決められています。

そのため、条件に合致しない場合の利用は困難になります。

2. 面談の印象が悪い

 2. 面談の印象が悪い法人でも同様ですが、特に個人事業主は信用が大事

そのため、必要書類の準備が出来ていなかったり、面談に遅刻したり、面談時の印象が悪い信用の低下につながります。

結果として、審査には通らなくなってしまうのです。

個人事業主がファクタリング審査に即日通過するポイント

即日通過するポイント

どうしたら個人事業主がファクタリング審査に即日通過出来るのでしょうか。

大切なことは信頼性を高めるということです。

ここからは信頼性を高めるために必要なことを解説していきます。

事前準備

事前準備としてすべきことは下記8点です。

  1. 法人格を手に入れる
  2. 税理士に資金調達を依頼する
  3. ホームページを作成する
  4. 必ず記帳は行う、資料は残す
  5. 入金までの期間を短くするように努める
  6. 社会保険料の滞納等をしないようにする
  7. 取引先と契約書をしっかりと交わしておく
  8. 向いている業種・向いていない業種があることを理解する

8点をそれぞれ見ていきましょう。

1. 法人格を手に入れる

1. 法人格を手に入れる個人事業主のままでは低い信頼性も、法人格になることで信頼性を高めることが出来ます。

2. 税理士に資金調達を依頼する

2. 税理士に資金調達を依頼する税理士などの金融の専門家に資金調達を依頼することで、信頼性を高めることが出来ます。
特にファクタリングに成功している税理士がおすすめ。

3. ホームページを作成する

3. ホームページを作成するホームページ上で、事業内容や主要取引先を公開していることで、事業の透明性と信頼性が高まります
そのため、ファクタリング会社が安心して取引出来るのです。

4. 必ず記帳は行う、資料は残す

4. 必ず記帳は行う、資料は残すファクタリングの実施には、売掛先との取引資料や、発注書などの取引証拠が必要になります。
売掛先が信用出来る企業かどうかを伝えるためにも必須。
必ず記帳を行い、取引資料は残しておきましょう。

5. 入金までの期間を短くするよう努める

入金までの期間を短くするように努める入金までの期間が短いと、貸し倒れのリスクが少ないということ。
売掛債権を早めに回収出来るように日頃から売掛先に声をかけておくことが大切。
入金までの期間次第では手数料が安くなることもあるので、意識しておきましょう。

6. 社会保険料の滞納等をしないようにする

社会保険料の滞納等をしないようにする社会保険料や税金を滞納している場合には各自治体の担当窓口に相談を。
場合によっては減額等の措置をとってもらえる場合も。
なるべく、滞納しないで済む状態を作るようにしましょう。

7. 取引先と契約書をしっかりと交わす

7. 取引先と契約書をしっかりと交わす個人事業主で多いケースとして、契約書を交わさずに仕事を請けることがあります。
しかし、ファクタリングでは見積書や契約書、請求書等が必須です。
業者によってはメール等のやりとりの履歴で契約を認めてくれる場合もありますが、基本的には困難です。

8. 向いている業種・向いていない業種があることを理解する

 8. 向いている業種・向いていない業種があることを理解する
大手企業や公的機関と取引がある=有利
不動産仲介や飲食店など個人が相手=不利
ファクタリングで大切なことは売掛先の信用
そのため、債権相手が個人のみであると、ファクタリングを利用出来ない場合がほとんどです。
もちろん、法人との取引があれば可能ですが、向き不向きがあるということは意識しておきましょう。

当日

当日気をつけるべきことは下記の通り。
面談時は誠実な姿勢で臨む=面談で悪印象を持たれないことが大切
債権譲渡登記の出来ない個人事業主信頼性が重要視されます。
そのため、面談で誠実さのない人と判断されてしまうと、利用出来なくなることも。
たとえば、必要書類を全て揃えたり、時間通りに行ったりといったことは意識をしておくこと。
面談の際に、誠実さを伝えるようにしましょう。

当日信頼性が低いまま調達するための3つのポイント

ここからは当日信頼性が低いままでも資金調達をする方法3点解説していきます。

  1. 複数社に相談してみる
  2. 条件を譲歩する
  3. 他の資金調達方法も検討する

3点を見ていきましょう。

1. 複数社に相談してみる

1社断られたとしても、他の事業者ならOKされることも。

諦めることなく複数社に相談してみましょう。

ファクタリング事業者を仲介してくれるwebサイトを利用するのも一つの手です。

2. 条件を譲歩する

信頼性が低いままだとしても、条件を譲歩することで資金調達できる場合があります。

満額調達出来ない手数料が高いなどの難点はありますが、交渉してみましょう。

3, 他の資金調達方法も検討する

資金調達の方法はファクタリングだけではありません。

ファクタリングの利用が困難な場合には以下の手段を検討してましょう。

・ビジネスローン
・日本政策金融公庫の融資制度
・信用保証協会の保証付き融資
・クラウドファンディング
それぞれにメリット・デメリットがあるので比較、検討してみるのがおすすめです。

個人事業主がファクタリングを利用する際の必要書類

必要書類ファクタリングを利用する際には以下4種類の書類が必要になります。

  1. 個人名義の全口座直近7ヶ月分入出金明細
  2. 確定申告書類
  3. 請求書
  4. 売掛先との取引を確認出来る書類 [任意]

業者によって必要な書類は異なることがあるので、事前に確認しておくことがおすすめです。

個人事業主も利用出来るおすすめファクタリング会社6社

おすすめファクタリング会社いざ、ファクタリングを利用しようと思っても、どこを利用したらいいのかわからない方のためにおすすめの会社をまとめました。

審査が緩く個人・中小企業向けのおすすめファクタリング会社を比較します。

会社名手数料特徴
フリーナンス3~10%個人事業主に特化
MSFJ1.8%~9.8%審査通過率93%
個人事業主専門のサービスあり
トップ・マネジメント0.5%~12.5%夜間でも現金のデリバリーあり
フリーランス・個人事業主専属のスタッフ
中小企業サポート3%~15%個人事業主や中小企業専門の会社
サポート体制がしっかりしている
トライ5%~15%24時間電話受付可能
出張面談も可能
アクセルファクター2%~20%審査通過率93%
建築・運送業に強い

フリーナンス

フリーナンス

フリーナンスを運営しているのはGMOグループのGMOクリエイターズネットワーク株式会社
GMOグループは大手インターネット企業グループです。
GMOグループが個人事業主をサポートするために始めたのがフリーナンス。
採算すれすれのところでサービスを行っているので、ほとんどのサービスが無料で利用出来ます
また、振り込み専用口座はGMOあおぞらネット銀行と提携。
フリーナンスあんしん補償は損害保険ジャパン日本興亜株式会社と提携したサービスです。
信用の十分における会社と提携しているので安心して利用出来ます。
会社名GMOクリエイターズネットワーク株式会社
特徴個人事業主に特化
入金スピード最短当日
対応の丁寧さ4.0
手数料3~10%
土日対応×
個人事業主
調達可能金額1万円
電話番号03-5458-8056
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー

詳しくまとめた記事もあるので参考にしてみてください。

MSFJ

MSFJ

(公式HP:https://msfj.co.jp)

MSFJの強みは個人事業主専門のファクタリングサービスです。

個人事業主に特化した独自の審査基準を設けており、低い手数料で少額の利用ができます。

また、需要に応じたプランがあるので利用しやすいのも利点。

会社名MSFJ株式会社
特徴業界最低水準の手数料
入金スピード最短当日
対応の丁寧さ4.0
手数料2社間:1.8%~9.8%
3社間:3.8%~9.8%
土日対応×
個人事業主
調達可能金額10万円~上限なし
電話番号0120-254-259
営業時間10:00~20:00(平日のみ)
所在地東京都 豊島区 池袋2-70-11 3階

詳しくまとめた記事もあるので参考にしてみてください。

トップ・マネジメント

トップ・マネジメント

(公式HP:https://top-management.co.jp/)

トップ・マネジメントでは最大3億円の資金調達が可能。

また、トップ・マネジメントは夜間でも現金のデリバリーを行っていることが強み。

緊急の資金調達の際も安心です。

また、フリーランス・個人事業主対応専属のスタッフもいることも特徴。

様々な業種に幅広く対応していることも魅力です。

会社名株式会社トップ・マネジメント
特徴様々な業種に対応
4.5万件を超える取引実績
入金スピード最短1時間
対応の丁寧さ5.0
手数料2社間ファクタリング:3.5%~12.5%
3社間ファクタリング:0.5%~3.5%
土日対応土日対応はしていない
個人事業主
調達可能額30万円~3億円
電話番号0120-36-2005
営業時間9:00~19:00 (平日のみ)
住所東京都港区芝2丁目31-19

詳しくまとめた記事もあるので参考にしてみてください。

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構

(公式HP:https://www.chushokigyo-support.or.jp/)

日本中小企業金融サポート機構は、資金面で問題を抱えている個人事業主や中小企業を対象ファクタリングサービスを行っている組織です。

日本中小企業金融サポート機構の強みは郵送でのファクタリングが可能であるということ。

地方の方など、ファクタリング会社が近くにない場合にもおすすめです。

また、審査のスピードも魅力。

郵送の時間こそかかるものの、最短30分審査が完了します。

会社名一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
入金スピード最短30分+郵送時間
調達可能額不明
手数料2社間ファクタリング 3%~15%
3社間ファクタリング 3%~15%
電話番号03-6435-8727
営業時間9:30~19:00 (平日のみ)
住所東京都港区芝公園一丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階

詳しくまとめた記事もあるので参考にしてみてください。

トライ

トライ

(公式HP:https://sko-tokyo.com)

トライは最低調達可能金額が10万円

トライは秘密厳守で申込みや審査ができるのも安心できるポイント。

万が一売掛先、取引先からの問い合わせがあっても、情報がもれることはありません。

公式サイトでは、売掛金を仮査定するシミュレーションも可能。

出張査定やスピード査定に対応しており、「急ぎで現金が必要」「忙しくて手続きに出かけられない」という経営者の方にもおすすめです。

会社名株式会社SKO
特徴経営コンサルティングも行うファクタリング会社
入金スピード最短1日
対応の丁寧さ4.5
手数料2社間:10~15%
3社間:5~10%
土日対応電話のみ◯
個人事業主
調達可能額10万円~
電話番号0800-800-5541
営業時間平日9:00~18:00(電話受付は24時間、土日も可能)
所在地東京都台東区東上野2-21-1

詳しくまとめた記事もあるので参考にしてみてください。

アクセルファクター

アクセルファクター

(公式HP:https://accelfacter.co.jp/)

アクセルファクターでは入金まで最短1時間

アクセルファクターの強みは審査通過率が高いこと。

なんと審査通過率は93%。

また、半数以上の取引で即日対応をしているという実績もあります。

運送業・建築業に強いことも特徴の一つです。

会社名株式会社アクセルファクター
入金スピード書類が揃っていれば最短1時間
調達可能額30万円~3000万円
手数料2社間ファクタリング 2%~20%
3社間ファクタリング 2%~15%
電話番号03-6233-9185
営業時間9:30~19:00 (平日のみ)
住所東京都新宿区高田馬場2-14-9 アティレビル6F

詳しくまとめた記事もあるので参考にしてみてください。

個人事業主も利用出来るおすすめファクタリング会社一覧

ウィットビートレーディングファインディングラボうりかけ堂アクセルファクター
いーばんくJTCラクセルパートナートラストゲートウェイジャパンマネジメント
CUCPMG日経ファイナンシャルGCMえんナビ
エルネスト西日本ファクター事業資金エージェント中小企業サポートオッティ
三田証券シーエスプランニングクレイリッシュエーストラストハートフルライフ
ヘルスワンファクタートレーディング富士桜フィナンシャルインボイスpay

個人事業主がファクタリングを利用する際に気を付ける3つのポイント

気を付ける3つのポイント

個人事業主がファクタリングを利用する際に気を付けるべき3つのポイントは下記の通りです。

  1. 社会保険等の滞納はないか
  2. 売掛債権の額と期間
  3. ファクタリングの手数料相場

3点を確認していきましょう。

1. 社会保険等の滞納はないか

社会保険料等を滞納していると社会的信頼性が低いとみなされます。
個人事業主がファクタリングを利用出来るかどうかは信頼性の高さ次第なので、不利に。

2. 売掛債権の額と期間

少額・入金までの期間が長い売掛金→審査が通りにくい
高額・入金までの期間が短い売掛金→審査が通りやすい
ファクタリング会社は金額の大小にかかわらず、作業負担は変わりません。
そのため、少額の売掛債権の場合は利用を断られる可能性も。
また、貸し倒れを防ぐためにも入金までの期間が長いことを嫌がるケースが多いのも実情。
一方で、少額の売掛債権の買取に特化したファクタリング会社もあるので、事前に調べておくことが大切です。

3. ファクタリングの手数料相場

手数料相場
・2社間ファクタリング→売掛金額の5%~20%
・3社間ファクタリング→売掛金額の1%~5%
手数料相場では3社間ファクタリングの方がよく見えますが、個人事業主の場合は2社間ファクタリングを利用することがほとんど。
理由は2つ。
1つ目は3社間ファクタリングだと、売掛先に通知され、売掛先の信用を失う可能性があるという理由。
個人事業主の場合は特に信用を失うことを気にする場合が多いので2社間ファクタリングが選ばれます。
2つ目は3社間ファクタリングは手続きに時間がかかってしまうという理由。
そのため、即日での現金調達が困難になります。
以上2点から、2社間ファクタリングの手数料相場売掛金額5%~20%を念頭におくと良いでしょう。

個人事業主が注意すべきファクタリングのポイントまとめ

まとめ

個人事業主がファクタリングを利用する上で何よりも大切なのは信頼性の高さです。

利用する際は事前準備を怠らず、当日の行動も今一度確認しましょう。

単独で利用しようとするのではなく、信頼出来る税理士に頼ることも一つの手段

ぜひこの記事を活用して、個人事業主の方もファクタリングを利用してみてください。

コメント

累計買取高100億円

4,5000件を超える買取実績!

即日の無料相談