個人事業主も利用可能『クレイリッシュ』のファクタリングとは?手数料や評判も!ファクタリングの流れを徹底解説

ファクタリング会社

【クレイリッシュの総合評価】

特徴主に融資を取り扱う
ファクタリングも対応可能
入金スピード最短4~7日
対応の丁寧さ4.5
手数料2社間:×
3社間:1.0~2.8%
土日対応×
個人事業主
調達可能額100万~5000万円

「入金サイクルが突然変わってしまい、今月の資金が不足してしまった」

「従業員に払う給料が足りない」

こんな資金繰りの悩みを解決してくれるのがクレイリッシュのファクタリングです。

クレイリッシュのファクタリングは3社間取引のみ

また、ファクタリングの利用可能地域を関東周辺に限定しています。

東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、群馬県、栃木県、茨城県、福島県です。

詳しい手数料や評判をまとめましたので徹底解説していきましょう。

・クレイリッシュで資金調達を行う方法
・クレイリッシュの口コミと評判
・申込みから契約までの流れ

『クレイリッシュ』とは?【会社概要を紹介】

クレイリッシュのホームページ

会社名株式会社クレイリッシュ
代表者名髙木秀男
所在地〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮5丁目33-12柏洋ビル3階
電話番号048-682-2300
公式サイトhttps://901901.jp/
資本金9,900万円
営業時間9:00~17:00

クレイリッシュはファクタリング専門会社ではなく、様々な金融サービスを提供している会社です。

ファクタリングについて問い合わせた際も、

ファクタリング対応はしておりますが融資をメインに提供しています。との答えをいただきました。

ここではクレイリッシュのファクタリングをメインに解説していきます。

『クレイリッシュ』の資金調達(ファクタリング)を徹底解説

クレイリッシュのファクタリング

クレイリッシュを利用する際に重要な3ポイントをまとめました。

1.ファクタリングにかかる手数料
2.入金までにかかる日数
3.取引件数・取引総額

1.『クレイリッシュ』のファクタリングにかかる手数料

クレイリッシュのファクタリング手数料

クレイリッシュのファクタリングは3社間取引しか対応しておりません。

3社間取引のファクタリング手数料は1.0~2.8%

さらに、事務手数料 5,500 円 送金料 770 円 、 契約書に貼付する収入印紙代がかかります。

1.0~2.8%は低水準と言えますが上乗せされるのでご注意ください。

2.『クレイリッシュ』の入金までにかかる日数

最短入金スピード

最短入金スピードは4~7日

ファクタリング専門会社に頼むと最短1日で資金調達が可能。

そのため最短4~7日は早いとは言えません

3.『クレイリッシュ』の取引件数・取引総額

取引件数・取引総額

公開していませんでした。

『クレイリッシュ』を選ぶメリット

クレイリッシュのメリット

クレイリッシュのメリットを2点紹介します。

1.金融全般を扱う会社
2.ホームページに記載されている情報が多い

1.金融全般を扱う会社

金融全般を扱う会社

クレイリッシュは金融全般を扱う会社です。

ファクタリングの相談をしても、融資の提案をされることがあります。

個々の状況に合わせたサービスを提供してくれるでしょう。

2.ホームページに記載されている情報が多い

ホームページに記載されている情報が多い

クレイリッシュのホームページを見ると、他会社に比べて開示されている情報が多いです。

手数料などは通常掲載せず、問い合わせても申し込み書を出してくれないと答えられないと言われることも。

しかしクレイリッシュは手数料も具体的に表示されていて良心的なホームページになっています。

『クレイリッシュ』の口コミ・評判

クレイリッシュの口コミ・評判

クレイリッシュの口コミを一部紹介していきます。

『クレイリッシュ』の良い評判

口コミ・評判:4.5

ファクタリングを利用しようと思い相談に行ったのですが、状況を見ると融資の方が良いと言われ、提案された融資を利用することになりました。提案されたサービスはファクタリングよりも手数料が抑えられました。クレイリッシュに相談してよかったです。

口コミ・評判:4.5

駐車場があったのが良かったです。資金繰りの相談で訪ねました。融資とファクタリングを比べて丁寧に解説してくれました。私の状況にはファクタリングの方が合っていたのでファクタリングを利用しました。様々なサービスを比較して選択できるのはメリットだと思います。

『クレイリッシュ』の悪い評判

口コミ・評判:3.0

2社間ファクタリングをしていないのが残念。かわりに融資をすすめられました。ファクタリング希望だったので今回は見送らせていただきました。

『クレイリッシュ』の資金調達(ファクタリング)申し込みから契約まで【審査基準も紹介】

クレイリッシュのファクタリングの流れ

クレイリッシュのファクタリングの流れは以下の通りです。

1.クレイリッシュを利用するに至った経緯
2.問い合わせ・申し込み
3.審査【審査書類の提出】
4.債権譲渡通知の送付
5.実行

STEP1.クレイリッシュを利用するに至った経緯

クレイリッシュの利用経緯

栃木県で建設業を営むA資金繰りが上手くいかず、経営に悩んでいた。どうにかこの状況を打破しなければならないAは知り合いに教えてもらったクレイリッシュに今の状況を相談することにした。
ファクタリング希望者Aさん
建設業経営者A

融資とかファクタリングとかもよくわからずとりあえずクレイリッシュに相談しました。

STEP2.問い合わせ・申し込み

申し込み

問い合わせは電話(9:00~17:00)またはホームページのお客様窓口からできます。

ホームページでシュミレーションも可能

この時点でファクタリングや融資を考えている方は、一度シュミレーションしてみてから問い合わせ・申し込みしてみても良いでしょう。

ファクタリング会社P社担当
クレイリッシュの担当者P
お問い合わせありがとうございます。資金繰りのお悩みですね。
ファクタリング希望者Aさん
建設業経営者A
はい、一度相談してみようと思いまして…
ファクタリング会社P社担当
クレイリッシュの担当者P
では、どんな状況か詳しくうかがい、A様に合ったサービスを提供させていただきます。

 

様々なサービスの説明を受け、Aはファクタリングを利用することになった。

STEP3.審査【審査書類の提出】

審査

クレイリッシュの審査通過率は90%以上と非常に高いです。

ファクタリング希望者Aさん
建設業経営者A
ファクタリング審査に必要な書類を教えて下さい。
ファクタリング会社P社担当
クレイリッシュの担当者P
はい、こちらになります。

審査に必要な書類

・履歴事項全部証明書
→法人のみ
・印鑑証明書
・代表者の身分証明書
・決算書または申告書
・売掛金の内容が判明する資料
→契約書・発注書・納品書・請求書・支払通知書等

STEP4.債権譲渡通知の送付

債権譲渡通知

クレイリッシュは出張サービスなどは行っていません

ファクタリング会社P社担当
クレイリッシュの担当者P
取引先様に債権譲渡通知を送付します。

契約に必要な書類

・決算書
→2期分

・通帳写し
・レセプト
・決定通知
・開設許可証
・本人確認書類
・履歴事項証明
・納税関係

STEP5.実行

実行

審査機関の確認がとれましたら実行となります。

ファクタリング希望者Aさん
建設業経営者A
無事資金調達できました。

『クレイリッシュ』のまとめ

クレイリッシュはファクタリングも扱う金融全般の企業です。

個々の状況に合わせてサービスを提案してくれます。

クレイリッシュのファクタリングだけを見ると、入金スピードも手数料もファクタリング専門会社に比べて劣る部分がありました。

自分の状況にあったサービスを利用できるのはメリットですが、どうしてもファクタリングが良いと考えている方は他の会社と比較してみましょう。

コメント