ファクタリングの手数料は何%?手数料相場と決定要因を解説

ファクタリング手数料ファクタリング基本知識

ファクタリングの手数料は固定ではありません。

手数料は、審査によって何%か決まることになります。

また、法律による明確な規制もありませんので、ファクタリング会社ごとに手数料の差があります。

そのため、「提示された手数料が、適正なのかわからない」という人もいるのではないでしょうか?

この記事では、ファクタリング手数料の相場と、手数料が決まる要因についてみていきましょう。

・ファクタリングの手数料とは【内訳を解説】
・手数料はどうやって決まるのか
・2社間、3社間ファクタリングの手数料相場
・手数料を安く抑えるコツ
・手数料が安いファクタリング会社紹介
・手数料の計算方法

手数料が安いおすすめファクタリング会社は下記3社

会社名手数料対応額特徴
0.5%~12.5%30万円~3億円夜間でも現金のデリバリーあり
フリーランス・個人事業主専属のスタッフ
ファクタリングジャパン1%~50万円~1億円診療・介護報酬にも対応
経営コンサルティングも実施
No.11%~15%不明他社からの乗り換え可能

 

ファクタリングの手数料とは【内訳を解説】

ファクタリング手数料(図中の20万円に相当)の内訳は

  1. 手数料(掛目)
  2. 諸経費
  3. 登記費用
  4. ファクタリング会社の販売費及び一般管理費

で構成されています。

手数料(掛目)

売掛金額-ファクタリング会社の買取金額=手数料

ファクタリング 会社は手数料を引いた額で売掛金(売掛債権)の買取りを行います。

手数料にはファクタリング会社の利益売掛金未回収リスクに対する対価が含まれます。

売掛金未回収リスクに対する対価
→売掛先の倒産等で売掛金が未回収になるリスク
→契約者が回収済み売掛金を持ち逃げや流用するリスク

ファクタリング会社との契約の際、審査で上記のリスクが勘案事項に。

リスクが高いと審査される程、手数料は高く反映されます。

リスク高い→手数料が高い
リスクが低い→手数料が低い

手数料はファクタリング会社が独自に設定するので、会社や信用度によって大きく差が開きます

諸経費

諸経費は大体以下が想定されます。

  1. 事務手続き費用 約10,000円
  2. 契約書貼付収入印紙代 約4,000円
  3. 公正証書(契約内容による) 約80,000円
  4. 確定日付(契約内容による) 約3,400円

ファクタリング会社によっては諸経費を別途請求する会社があります

どのような費用が計上されているのか、適切なのかは要確認です。

登記費用

登記費用に含まれるのは下記2点です。

  1. 債権譲渡登記費用(登記が必要な場合) 約60,000円〜70,000円
  2. 登記抹消費用(登記後抹消を行う場合) 約30,000円

ファクタリング会社によっては債権譲渡登記が契約の必須条件である場合が

ファクタリング会社側は売掛金の二重譲渡を避けられるメリットがあります。

債権譲渡登記を行うとファクタリング会社のリスクが抑えられるため、下記が期待出来ます。

  1. 手数料を安くしてもらえる
  2. ファクタリング会社の審査に通過する可能性が高くなる

債権譲渡登記費用と手数料負担を比べ、負担額が低い方を選択しましょう。

ファクタリング会社の販売費及び一般管理費

ファクタリング会社の利益も手数料に含まれます。

事務手数料や、審査手数料としていることもあります。

交通費等

出張ファクタリングでは、交通費が手数料に含まれることもあります。

距離や移動手段によっては、「交通費が思っていたより高くなってしまった」という可能性もあるでしょう。

出張費用が無料の場合もありますので、出張ファクタリングを利用するときは事前に確認しておくことをおすすめします。

ファクタリングの手数料が決まる4要因

ファクタリングの手数料が決まる4要因下記4項目が手数料を決定する要素です。

  1. 2社間ファクタリング、3社間ファクタリングのどちらを利用するのか
  2. 売掛債権(売掛金)の金額が大きいか小さいか
  3. 売掛先(取引先)の信用力
  4. ファクタリング利用が初回なのか、2回目以降なのか

それぞれを詳しく見ていきましょう。

2社間ファクタリングか3社間ファクタリングか

3社間ファクタリングの手数料設定は2社間ファクタリングよりも安くなっています。

・2社間ファクタリング→手数料相場が売掛金の6-40%
・3社間ファクタリング→手数料相場が売掛金の1-5%

売掛債権(売掛金)の金額が大きいか小さいか

売掛金の金額が上がると、手数料は低く抑えられます。

【手数料の目安】
・1億円以上:約15%
・5,000~1億円:約18%
・5,000万円未満:約20%

売掛先(取引先)の信用力

売掛先(取引先)の信用力が高い場合、高い確率で売掛金を回収出来るとファクタリング会社は考えます。

なので、手数料を低く設定してもリスクは低いとファクタリング会社は判断するでしょう。

一方、信用力が低い売掛先だと、売掛金回収不能リスクを考慮の上、手数料が高く設定されます。

【手数料の目安】
・信用が高い5~15%
・信用が低い20~40%

ファクタリングを利用するのが初回か、2回目以降なのか

売掛先(取引先)の信用力にも影響するのが、ファクタリングを過去に利用した回数

過去に利用歴があり、売掛金がきちんと回収出来るという取引履歴があるとより信用力が上がります

なので初回よりも2回目以降の方が手数料は下がります。

【手数料の目安】
初回:15~20%

2社間、3社間ファクタリングの手数料相場

手数料相場それでは具体的な手数料相場を、2社間、3社間ファクタリングの場合ごとに、見ていきましょう。

2社間、3社間ファクタリング手数料比較

手数料には相場があります。

手数料取引の種類特徴
1-5%3社間取引売掛金入金口座の変更や管理権限の譲渡等を売掛先へ通知必須
6-15%2社間取引売掛先やサービス利用企業の信用力が高い場合
15-20%2社間取引初回利用はこのレンジの手数料が多い
20-40%2社間取引信用力が低い、ないしは売掛金額が小額な場合
・2社間ファクタリング→手数料相場が売掛金の6-40%
・3社間ファクタリング→手数料相場が売掛金の1-5%

2社間と3社間ファクタリングとで手数料に大きな差が。

手数料は、3社間ファクタリングの方が2社間ファクタリングよりずっと安価です。

手数料が低くなる要因は、3社間ファクタリングでは売掛先の許諾がいるので、契約者が回収済み売掛金を持ち逃げ、流用するリスクが少ないからです。

一方で、売掛先にファクタリングの許諾を得たり、債権譲渡契約の手続きを行ったりする工程は簡単ではありません。

2社間ファクタリングは手数料が割高な分、ファクタリング契約を行うことを売掛先に通知することなく利用出来ます

2社間ファクタリングの特徴と手数料の計算例

2社間ファクタリングのメリットとデメリットは下記の通り。

【メリット】
・売掛先に資金調達したことを知られずに済む
・資金化までのスピードが速い
【デメリット】
・3社間に比べると手数料が高くなる

次に手数料を具体的に計算しましょう。

売掛金(売掛債権)100万円
手数料15%
諸経費5万円

上記の条件での手数料

100万円×15%=15万円(買取手数料)+5万円(諸経費
=20万円
実際に受け取れる金額は
100万円-20万円
=80万円
となります。

3社間ファクタリングの特徴と手数料の計算例

3社間ファクタリングのメリットとデメリットは下記の通り。

【メリット】
・2社間よりも手数料が安く済む
【デメリット】
・売掛先の承諾が必要なので、信用に傷がつくこともある
・入金までに日数がかかる

次に手数料を具体的に計算しましょう。

3社間ファクタリングでは、売掛先が債権譲渡の許諾をしているため、登記が不要

3社間ファクタリング自体の手数料も割安ですが、さらに諸経費も抑えられます

売掛金(売掛債権)100万円
手数料5%
諸経費0円

上記の条件での手数料

100万円×5%=5万円
実際に受け取れる金額は
100万円-5万円=95万円
となります。

2社間、3社間ファクタリング手数料まとめ

2社間、3社間ファクタリングの手数料を比較すると、

売掛金100万円の時、15万円(売掛金に対して15%)も差が開きます

その他6種類のファクタリングと手数料相場

手数料相場

ここまで買取型ファクタリングを見てきましたが、ファクタリングにはほかにも種類があります。

リスクの大きさを手数料に反映するため、それぞれ手数料相場も異なります

ファクタリングの種類とその特徴手数料相場についてまとめました。

種類特徴手数料相場
買取型(一括)ファクタリング一般的な売掛金2社間10~30%
3社間1%~10%
商品在庫ファクタリング企業の在庫を買い取るファクタリング1~2%
家賃収入ファクタリング家賃など、不動産収入10~20%
医療報酬ファクタリング医療報酬1~2%
国際ファクタリング海外企業の売掛金1~2%
保証型ファクタリング売掛債権の未回収リスクを防ぐために売掛金の保証をするファクタリング年利2~15%

一括ファクタリング

従来手形を使用して行われていた取引を、銀行がファクタリングシステムを使用して行うように

なった取引を一括ファクタリングと言います。

手形に代わる、支払いの保証システムを構築を目的とし、銀行がファクタリングシステムを開発。

売掛債権のうち、一括ファクタリングのシステムに登録、発行したものであれば、銀行が売掛債権の買取を行ってくれるシステム

債務者(支払いを行う企業)にとっての、一括ファクタリングを利用するメリットは

  1. 手形を発行する際の印紙税が要らない
  2. 手形発行の際発生する事務作業が要らない
  3. 売掛債権を保有する企業がいつでも現金化出来る

一括ファクタリングにおける2社間、3社間取引での手数料は以下の通り。

・2社間ファクタリング→手数料相場が売掛金の10~30%
・3社間ファクタリング→手数料相場が売掛金の1-10%

一括ファクタリングでは売掛金未回収リスクが手数料を決めます

売掛金未回収リスクはファクタリング会社背負うので、ファクタリング会社ごとに手数料が大きく異なります。

国際ファクタリング

国際ファクタリングとは海外の販売先輸出取引における売掛金回収を確実に行うためのサービス

海外企業と貿易、輸出取引を行う場合は銀行が発行する信用状と支払い確約書が利用されてきました。

しかし、信用状の発行は手続きが複雑で手間と時間が掛かります。

そこで信用状を使わず世界各国金融機関と協力の上、海外の売掛金を支払保証し、輸出取引を安心確実に行う国際ファクタリングサービスが誕生。

国際ファクタリング→手数料相場が売掛金の1~2%

国際ファクタリングはメガバンク系のファクタリング会社が独占的で、小規模なファクタリング 会社はごく少数です。

また、カントリーリスクは国際ファクタリングでは保証できません

保証ファクタリング

信用力に懸念がある売掛先との取引において、ファクタリング会社が売掛金の貸し倒れリスクを保証してくれるサービス

売掛先が倒産し売掛金が回収不能になった際、ファクタリング会社が代わりに売掛金を支払います

【利用者側】
取引先(売掛先)の倒産によって売掛金や手形などの債権が回収出来なくなるというリスクファクタリング会社が背負ってくれます
【ファクタリング会社側】
他企業が保有する売掛債権や手形を与信調査の上買取り、その債権の回収を行います。倒産等で債務者が支払い不能になった場合、ファクタリング会社が売掛債権を有する企業に支払いを行います

保証がなされる条件は、契約時にきちんと確認しましょう。

保証ファクタリング→手数料相場が売掛金の2~15%

売掛金に関するリスクを事前に十分想定するようにしましょう。

医療ファクタリング

医療ファクタリングに含まれるのは下記保険機関からの報酬支払です。

  • 診療報酬
  • 歯科診療報酬
  • 介護報酬
  • 調剤報酬

保険機関の報酬支払に関してはリスクフリーですが、着金までには基本2ヶ月と長い日数がかかります。

医療ファクタリングでは2ヶ月後着金の報酬債権をファクタリング会社が買取りを行い、現金化することが可能。

医療ファクタリング→手数料相場が売掛金の1~2%

報酬債権はリスクが低いので、医療ファクタリングの手数料は低くなっています。

手数料を安く抑えるコツ

コツファクタリングの手数料は安く抑えられるコツが2つあります。

詳しく見ていきましょう。

売掛先との信頼を構築

ファクタリングの審査では、売掛先の企業との取引実績や関係性がチェックされます。

取引実績の少ない取引先の売掛金をファクタリングする場合、信用が低いとみなされ、手数料も高くなってしまうでしょう。

信用力が低いと、売掛金未回収リスクが高くなるためです。

一方、取引が長期に渡る取引先の場合手数料を安く設定してもらえる可能性が。

取引実績が長い→手数料が安く設定される
取引実績が短い→手数料が高く設定される

売掛先との信頼関係や取引実績を構築するのが手数料を安くするコツです。

同一のファクタリング会社と取引を重ねる

同じファクタリング会社と取引を重ねるのも手数料を下げるポイント。

前述した通り、初回よりも2回目以降の方が信用力が高まり手数料が低くなります。

よって、特に理由がない場合は同じ様々なファクタリング会社を渡り歩くのではなく、一社と取引するのが良いです。

手数料が安いファクタリング会社紹介

ファクタリング会社18社の手数料比較

ファクタリングを利用するのであれば、できるだけ手数料が安い会社を選びましょう。

手数料は、実際に申し込んで審査をしなければはっきりとはわかりません。

ホームページに手数料の目安や実績を掲載しているファクタリング会社も多数あります。

サイト上で、簡易的にシミュレーションできるところもあるので、申し込み前にチェックしてみるとよいでしょう。

手数料が安いファクタリング会社を紹介して行きます。

ファクタリング会社18社の手数料比較

各ファクタリング会社の手数料目安安い順に表記しました。

審査結果次第で、下記の通りにならないファクタリング会社もあるかもしれませんが、ファクタリング会社を選ぶ目安としてご参照ください。

会社名手数料
トップ・マネジメント0.5%〜12.5%
ファクタリングジャパン1%〜20%
株式会社No.11%〜15%
セイノーフィナンシャル1%〜
三共サービス1.5%〜10%
事業資金エージェント1.5%〜20%
MSFJ1.8%〜9.8%
ビートレーディング2%〜
ビジネクスト2%〜
アクセルファクター2%〜20%
BestFactor2%〜20%
JTCファクタリング2%〜10%
エルネスト3%〜
レガーレ3%〜
日経フィナンシャルトライ3%〜8%
アンカーガーディアン3%〜15%
トラストゲートウェイ3%〜20%
PMGファクタリング3%〜30%

手数料が安いファクタリング会社おすすめ3選

手数料が安いファクタリング会社おすすめ3選手数料が安いおすすめファクタリング会社を3社紹介します。

会社名手数料対応額特徴
0.5%~12.5%30万円~3億円夜間でも現金のデリバリーあり
フリーランス・個人事業主専属のスタッフ
ファクタリングジャパン1%~50万円~1億円診療・介護報酬にも対応
経営コンサルティングも実施
No.11%~15%不明他社からの乗り換え可能

それぞれの会社についてみていきましょう。

1. トップ・マネジメント

トップ・マネジメント

(公式HP:https://top-management.co.jp/)

トップ・マネジメントの3社間ファクタリング手数料は0.5%〜12.5%業界最安値

また、トップ・マネジメントは夜間でも現金のデリバリーを行っていることが強み。

緊急の資金調達の際も安心です。

また、フリーランス・個人事業主対応専属のスタッフもいることも特徴。

様々な業種に幅広く対応していることも魅力です。

会社名株式会社トップ・マネジメント
特徴様々な業種に対応
4.5万件を超える取引実績
入金スピード最短1時間
対応の丁寧さ5.0
手数料2社間ファクタリング:3.5%~12.5%
3社間ファクタリング:0.5%~3.5%
土日対応土日対応はしていない
個人事業主
調達可能額30万円~3億円
電話番号0120-36-2005
営業時間9:00~19:00 (平日のみ)
住所東京都港区芝2丁目31-19

詳しくまとめた記事もあるので参考にしてみてください。

2. ファクタリングジャパン

ファクタリングジャパン

(公式HP:http://factoringjapan.jp/)

ファクタリングジャパンの手数料は売掛金の1%~と業界最安値。

ファクタリングジャパンの強みはコンサルティングサービス

ただ一回ファクタリングを行うのではなく、経営の改善まで行ってくれます。

また、診療・介護報酬ファクタリングに対応しているのも魅力。

会社名株式会社Frontierfort
入金スピード最短即日
調達可能金額50万円~1億円
手数料2社間ファクタリング 1%~
3社間ファクタリング 1%~
電話番号0120-905-146
営業時間9:30~19:00 (平日のみ)
住所東京都千代田区九段南2-3-21 みづまんビル3F・4F

詳しくまとめた記事もあるので参考にしてみてください。

3. 株式会社 No.1

No.1

(公式HP:http://www.no1service.co.jp/)

株式会社No.1の手数料は売掛金の1%~5%と業界最安値の手数料幅です。

株式会社No.1の強みは他社からの乗り換えに対応していること。

すでに利用しているファクタリング会社に不満がある場合は検討してみてもいいでしょう。

また、他社からの乗り換えで買取手数料50%OFFのキャンペーンも魅力です。

会社名前株式会社 No.1
入金スピード最短12時間
調達可能金額不明
手数料2社間ファクタリング 5%~15%
3社間ファクタリング 1%~5%
電話番号0120-700-339
営業時間9:00~20:00 (平日のみ)
住所【東京本社】東京都豊島区池袋4丁目2−11 CTビル3F
【名古屋支社】愛知県名古屋市中村区則武2丁目3−2 サン・オフィス名古屋3F
【福岡支社】福岡県福岡市博多区博多駅前1-15-20 NMF博多駅前ビル2F

詳しくまとめた記事もあるので参考にしてみてください。

手数料の計算方法

手数料計算

ファクタリングの手数料は、「売掛金×手数料率」で計算します。

【ケーススタディ1】
200万円のファクタリング利用で手数料20%の場合
200万円×20%=40万円
なので、40万円の手数料がかかります。200万円から手数料40万円を引いて、
200万円-手数料40万円=160万円
160万円の資金調達ができるということです。

ケーススタディ1また、ファクタリング会社によっては、掛け目が設定されていることもあります。

掛け目は、いわゆる担保のようなもので、売掛金がファクタリング会社に支払われると返金されます。

掛け目がある場合は、売掛債権に掛け目をかけた金額がファクタリングできる金額になりますので、資金調達できる金額が減ります

先ほどの例で言うと、

【ケーススタディ2】
200万円の売掛金に対して掛け目70%の場合、
200万円(売掛金額)×70%(掛け目)=140万円となり、
60万円減額された140万円ファクタリングできる金額となります。手数料は、この140万円に対してかかるので、
140万円×20%(手数料率)=32万円(手数料)となりますので、
140万円-32万円(手数料)=108万円資金調達できる金額です。
売掛金の入金が確認できれば、最初に掛け目で減額された60万円は返金されます。

ケーススタディ2

手数料の相場を知って賢くファクタリングを利用しよう

ファクタリングにかかる手数料は、さまざまな要因を総合的に判断して決まります。

ファクタリング会社によっても、判断基準は変わるでしょう。

手数料の相場を把握しておくことで、「手数料が高いから、別の会社に頼もう」という選択もできます。

悪徳業者に法外な手数料を取られるリスクを、減らすことにも繋がるはずです。

手数料の相場や決定要因をしっかり理解して、賢くファクタリングを利用しましょう。

コメント