医療・介護業界にも強い『ラクセルパートナー』とは? ファクタリング手数料と評判は?審査の流れを実例で徹底解説

ファクタリング会社

【ラクセルパートナーの総合評価】

特徴診療報酬債権、介護報酬債権ファクタリングにも対応している
入金スピード最短即日
対応の丁寧さ2.5
手数料1.8%~
土日対応×
個人事業主
調達可能額10万~1000万円

今(2020年4月現在)ファクタリング事業を行っておりません。また問い合わせ等も受け付けておりませんでした。

「急に資金が必要になったけれど、あと少し足りない」

「不足している資金を補いたいけど、わざわざ借入をするのは抵抗がある」

そんな悩みを持つ個人事業主や経営者の方におすすめなのがファクタリング。

少額の案件には対応してくれないファクタリング会社が多い中、ラクセルパートナーでは最低10万円から買い取りが可能です。

この記事では、ラクセルパートナーによるファクタリングの手数料や入金スピード、評判などをまとめています。

資金調達を考えている個人事業主や経営者の方は、判断材料の1つとしてぜひ、参考にしてみてください。

・ラクセルパートナーで資金調達を行う方法
・ラクセルパートナーの口コミと評判
・申込みから契約までの流れ

『ラクセルパートナー』とは?【会社概要を紹介】

ラクセルパートナーHP

会社名ラクセルパートナー株式会社
代表者名天田稔
所在地〒160-0022 東京都新宿区新宿5-8-14 新宿オービル3F
電話番号03-6709-8264
公式サイトhttp://luxel-partner.co.jp/
資本金10,000,000円
営業時間9時30分〜18時00分 (⼟・⽇・祝⽇休み)

ラクセルパートナーは、中小企業からのニーズを強く意識し、最低10万円からファクタリングが利用可能。

診療報酬債権ファクタリングや介護報酬債権ファクタリングの専門メニューも。

また、ファクタリング事業のみならず、資金調達コンサルティング事業や経営コンサルティング事業を行っています。

『ラクセルパートナー』の資金調達(ファクタリング)

ラクセルパートナーのファクタリング

ここでは、ラクセルパートナーの資金調達(ファクタリング)について、解説していきます。

・ファクタリングにかかる手数料
・入金までにかかる日数
・取引件数・取引総額

『ラクセルパートナー』のファクタリング手数料は?

ラクセルパートナーの手数料
ラクセルパートナーの手数料は1.8%~です。

2社間、3社間でどれくらい違うのかや、上限がどこまでかはわかりませんでした。

公式サイトに掲載されていた実例の債権額・調達額時から推測すると、手数料やその他諸費用を合わせて10%程度にのぼることはあるといえます。

実際に利用する際にはご自身で手数料をしっかり確認してください。

『ラクセルパートナー』の入金までにかかる日数は?

最短即日

公式サイトには、”最短で即日現金化も可能”という記載がされています。

実際に利用者からも「即日資金化、スピーディな対応をして頂けました」という口コミも。

ただし、対応スピードは、契約内容や案件により異なってくるため申し込みの際には確認しておく必要があります。

『ラクセルパートナー』の取引件数・取引総額について

取引件数・取引総額
ラクセルパートナーの取引件数・取引総額は、公開されていないため不明。

2017年設立の比較的新しい会社なので、これから実績を積み上げていく段階ですね。

『ラクセルパートナー』を選ぶメリット

ラクセルパートナーのメリット
ラクセルパートナーを選ぶメリットは

1.少額から対応可能
2.スピーディな対応
3.医療・介護業界への強さ

の3点です。

ここでは、それぞれのメリットについて詳しく説明します。

メリット1. 少額から対応可能

少額4から可能

ラクセルパートナーが1番の売りにしているのが、10万円から現金化が可能であるという点。

10万円から利用できるというのは、個人事業主や小規模事業者など少額の売掛債権が多い経営者にとっては、非常に使い勝手が良いですね。

メリット2. スピーディな対応

スピーディーな対応

小口の債権買取をメインにしているだけあって、ラクセルパートナーの入金は、“即日から”と非常にスピーディ。

支払い期限が迫っていて一刻も早く資金調達しなければ、というときに利用することが多いファクタリングでは、スピードは命。

資金調達が遅れると、その間に大きなビジネスチャンスを逃してしまう可能性もあります。

対応がスピーディであるかどうかは、ファクタリング会社を選ぶための重要な判断基準です。

メリット3. 医療・介護業界への強さ

医療・介護への強さ

ラクセルパートナーは診療報酬債権ファクタリング、介護報酬債権ファクタリングという2つの専門メニューを設けています。

これらの専門メニューでは、緩やかな審査基準や低い手数料といった、利用者に有利な条件設定。

医療施設や介護施設の運営には、人件費や水道光熱費、医薬品など、日常的に多額の支出が伴うため資金繰りに苦労することも多々あります。

そんな医療施設や介護施設の経営者にとって、売掛債権を早期に現金化できるファクタリングは非常に有用ですね。

『ラクセルパートナー』の口コミ・評判

ラクセルパートナーの口コミ・評判
ここでは、ラクセルパートナーの良い評判と悪い評判をご紹介します。

『ラクセルパートナー』の良い評判

口コミ・評判 :5.0
都心からは離れた北関東地方の県で商売をしています。

100万円の小口債権であるにもかかわらず、相談した翌日には出張に来ていただきました。

想像していたよりずっと素早く現金化していただき、大変助かりました。

口コミ・評判 :5.0

介護報酬の売掛債権を2カ月分買取していただき、全部で300万円を調達することができました。

お陰で、給与の支払いや介護用品の発注が滞らずに済みました。

資金繰りが厳しく困っていたのですが、絶対に止めてはいけない支払いだったので、大変助かりました。

また利用したいです。

口コミ・評判 :4.0

受注が順調に増えてきたことに伴い、先立って必要となる費用も増えてしまいました。

そのため、資金繰りに悩んでいました。

そんな中、ラクセルパートナーのファクタリングに助けていただきました。

スタッフの方の対応も丁寧で、借入とファクタリングの違いがわかっていなかった私にわかりやすく説明してくれました

おかげで不安なく利用することができました。

 

『ラクセルパートナー』の悪い評判

口コミ・評判:2.0

話を聞いたところ、素早く現金化していただけそうで好印象でしたが、手数料が少し高いです。

そこまで切羽詰まっているわけでもなかったため、もっと手数料が安い他社を探して利用することにしました。

口コミ・評判:1.0

地方在住です。申し込んですぐに連絡をくれたり、出張で来てくれたりと対応は良かったです。

ただ、出張料はこちら側の負担として買取金額から差し引かれると後で聞きました。

出張料については、予め知っておきたい情報でした。

口コミ・評判 :1.0

数十万円の債権を買い取っていただきましたが、手数料と出張料を引かれて半分程度しか残りませんでした。

すぐにまとまった現金を作れたことは良かったのですが、必要としていた額には届かず、残念でした。

買い取って欲しい債権があまりにも小口で、出張料がかさむ地方に住んでいる場合、継続的に利用するのでもない限りファクタリングはおすすめできません。

『ラクセルパートナー』の資金調達(ファクタリング)申し込みから契約まで【審査や調達方法を紹介】

資金調達の流れ
ここでは、ラクセルパートナーの資金調達(ファクタリング)申し込みから契約までの流れを説明していきます。

ラクセルパートナーの公式サイトにも資金調達の流れは掲載されておらず、ファクタリングに関する問い合わせ対応も今(2020年4月現在)はしていません

そのため、実際のところは不明です。

一般的なファクタリング会社では、以下の流れで進んでいきます。

1.ラクセルパートナーを利用するに至った経緯
2.問い合わせ・申し込み
3.仮審査
4.本審査【審査書類の提出】
5.面談にて契約
5.入金・支払い

STEP.1 ラクセルパートナーを利用するに至った経緯

ラクセルパートナーを利用するに至った経緯

6年前に栃木で建設業を始めたA。着々と実績を重ね、取引先を増やしてきた。

数ヶ月前から、ありがたいことに急に受注が増え、それと同時に材料費や下請け代など先出しの支払いも増えたため、資金繰りが上手くいかない

今月の支払いに行き詰まっていると、同業者から耳寄り情報を聞きつけた。

ファクタリング希望者Aさん
建設業経営者A

同業者の先輩も過去に資金繰りに困った際、ファクタリングを利用したと聞いたんです。すると申し込みからわずか1週間で現金化をしてくれました。

STEP2. 問い合わせ・申し込み

問い合わせ・申し込み

ラクセルパートナーでは、メールフォームか電話で問い合わせ・申し込みを受け付けています。

電話の場合は平日9:30~18:00、メールフォームの場合は24時間、問い合わせ・相談が可能です。

メールフォームは、公式サイトの問い合わせページにあります。

ファクタリング会社P社担当
ラクセルパートナーの担当者P
ファクタリングの件でお電話しました。
ファクタリング希望者Aさん
建設業経営者A
資金繰りに困っていて、知り合いから教えてもらいメールフォームを送りました。
ファクタリング会社P社担当
ラクセルパートナーの担当者P
ありがとうございます。それでは申し込み書を送ってください。

ファクタリングに関してわからないことがあれば、事前に質問して解決しておいた方がその後の手続きをスムーズに進められます。

STEP3.仮審査

仮審査
一般的なファクタリング会社では、申し込み後に仮審査があります。

ファクタリング会社P社担当
ラクセルパートナーの担当者P
先程送ってくっていただいた申込書をもとに仮審査をしていきます。

STEP4.本査定【審査書類の提出】

本審査【審査書類の提出】
本査定では、仮審査で伝えた情報が事実であることを証明する書類を提出します。

ファクタリング会社P社担当
ラクセルパートナーの担当者P
それでは本審査に進みたいと思います。本審査に必要な書類を提出してください。
ファクタリング希望者Aさん
建設業経営者A
かしこまりました。審査通過率ってどれくらいなんですか。
ファクタリング会社P社担当
ラクセルパートナーの担当者P
すみませんが審査通過率は公開しておりません。

審査に必要な書類

ラクセルパートナーは審査・契約で必要な書類を公開していませんが、一般的には以下のような書類が必要となります。

  • 契約書
  • 印鑑証明書類
  • 過去の決算書2〜3期分
  • 銀行口座の通帳コピー
  • 売掛金証明書類(契約書、発注書、請求書など)
  • 納税証明書

STEP.5契約

契約
契約書を読み合わせて、条件の最終確認をします。

ファクタリング会社P社担当
ラクセルパートナーの担当者P
契約は対面で行います。
ファクタリング希望者Aさん
建設業経営者A
出張していただくことはできますか?
ファクタリング会社P社担当
ラクセルパートナーの担当者P
料金がかかってしまいますができますよ。

面談にて、契約書を読み合わせて条件の最終確認をした後、署名と捺印を行います。

契約は1時間程度

ラクセルパートナーは出張もしますが、出張費は差し引かれます

この説明が最初にないという声もありますので注意してくださいね。

STEP6.入金・支払い

入金・支払い
ラクセルパートナーから、債権の買取金額が入金されます。

場合によっては、契約した当日の入金も可能です。

その後、2社間ファクタリングであれば、ファクタリングを利用している会社が弁済を行いましょう。

3社間ファクタリングであれば、取引先(債務者)が弁済します。

ファクタリング希望者Aさん
建設業経営者A

お金は差し引かれたけど、出張してくれて助かりました。

『ラクセルパートナー』の総合評価・まとめ

ラクセルパートナーは、小口の案件と医療・介護業界に強く対応スピードの速さに定評のあるファクタリング会社です。

特に小口の案件については、10万円という他に類を見ない少額でも売掛債権の買取が可能。

少額での売上が多い個人事業主や小規模事業者にとって、大変心強い存在ですね。

コメント