『ライジング・インベストメントマネジメント』とは? 手数料と口コミ・評判、資金調達について解説

ファクタリング会社

ライジング・インベストメントマネジメントは、中小企業や個人事業主を対象に売掛債権(医療報酬債権、介護報酬債権も可)の買取や、在庫の買取を行う会社です。

また、ファクタリングに限らず財務や資金調達のコンサルティングもしています。

この記事ではライジング・インベストメントマネジメントの会社情報や特色、口コミなどを紹介していきます。

あわせて、ファクタリング契約がどのようなものなのかも解説しますので、ファクタリングを検討中の経営者の方は是非、参考にしてください。

アフィリエイト(トップ・マネジメント)

累計買取高100億円

4,5000件を超える買取実績!

最上級の ファクタリング サービスはこちら!

『ライジング・インベストメントマネジメント』とは?【会社概要を紹介】

ライジング・インベストメントマネジメントは、東京都にあるファクタリングや経営コンサルを行っている会社です。

まずは概要から見ていきましょう。

  • 会社名:株式会社ライジング・インベストメントマネジメント
  • 代表者名:吉田 博志
  • 所在地:〒164-0001 東京都中野区中野三丁目28-23 東建ビル2F
  • 電話番号:0120-039-456
  • 公式サイト:https://rising-tokyo.com/
  • 設立: 平成25年7月
  • 取引サービス:ファクタリング事業、経営・資金調達コンサルタント、担保不動産の調査及び評価業務、経理・財務・経営に関するコンサルティング業務
  • 対応スピード:最短即日
  • 営業時間:平日9:30~18:00(土日・祝日休み)

ライジング・インベストメントマネジメントは、全国出張買取や、最短即日の現金化などパワフルでスピーディーな会社。

顧客は主に中小企業や個人事業主ですが、創業1年未満・ベンチャー企業の方も対象になっています。

3社間ファクタリングを推奨していますが、2社間のファクタリングにも対応しています。

ファクタリング契約のリピート率も高く顧客満足度の高い会社です。

『ライジング・インベストメントマネジメント』の資金調達(ファクタリング)について

売掛金サービスの仕組み

実際にライジング・インベストメントマネジメントのファクタリングを利用する場合、どれぐらいの手数料がかかるのか、入金までに何日かかるのか、これまでの取引実績はどれぐらいか、など気になる点をまとめました。

『ライジング・インベストメントマネジメント』のファクタリング手数料は?

ライジング・インベストメントマネジメント手数料について

ライジング・インベストメントマネジメントのファクタリング手数料は、公式ホームページには明確な記載はありませんでした。

ファクタリングは売掛先の信憑性や取引方法など案件によって手数料が異なるため、明記できないのでしょう。

諸経費を含めた具体的な金額は、直接問い合わせして確認した方が安心ですね。

2社間ファクタリングの手数料

2社間ファクタリングとは、ファクタリング業者と利用者の、2社間でおこなわれるファクタリングです。

売掛先からの承諾は不要なので、経営状況を知られたり、資金調達したことが知られ取引を中止される心配がありません。

3社間ファクタリングと比べると、手続きも簡単で、入金も最短。ただし、手数料が高くなってしまいます。

2社間ファクタリングの手数料は、一般的に売掛金の10~30%となっています。

3社間ファクタリングの手数料

3社間ファクタリングは、ファクタリング業者と利用者、そして売掛先の3社間でおこなわれるファクタリングです。

売掛先の承諾を得て手続きをするため、ファクタリング業者は売掛債権の回収不能リスクを軽減することができます。

その分、2社間ファクタリングよりも手数料は安くなりますが、入金までに平均3日程度の時間がかかります。

3社間ファクタリングの手数料は、一般的に売掛金の1~5%となっています。

『ライジング・インベストメントマネジメント』の入金までにかかる日数は?

キャッシュ化

担保保証人不要

ライジング・インベストメントマネジメントでは、ファクタリング契約後、最短即日での入金が可能。

ファクタリングを行うことで、即日から数日程度で売掛金を現金化することができます。

即日入金のためには、審査をすぐに通過できるよう事前に書類を整えておく必要があります。

通常は申込から1日~3日程度での入金となります。

また、一度ファクタリング契約を行った実績があれば、2回目以降はスムーズに契約を進められます。

『ライジング・インベストメントマネジメント』の取引件数・取引総額について

ライジング・インベストメントマネジメントの取引件数と取引総額

取引件数や取引総額は、ホームページには公表されていませんでした。

設立から比較的新しい会社ですが、リピート率が高いことから取引件数や取引総額は順調に伸びていると考えられます。

買取可能額は30万円から上限金額は1億円まで。

小口から大口まで幅広く対応していることがリピート率の高さにつながっているのでしょう。

『ライジング・インベストメントマネジメント』を選ぶメリット

ライジング・インベストメントマネジメントのメリット

ライジング・インベストメントマネジメントは、良質なコミュニケーションが評価されており、利用者のリピート率と満足度の高さが特徴的な会社です。

具体的にはどのような点が優れているのでしょうか。

ライジング・インベストメントマネジメントを選ぶメリットを見ていきましょう。

  • 高いリピート率と顧客満足度
  • ノンリコースに対応
  • 3社間ファクタリングに強い

高いリピート率と顧客満足度

ファクタリング契約のリピート率83.7%、満足度95.3%と高い評価を得ているライジング・インベストメントマネジメント。

これは資金繰りに悩む経営者の心情を理解し、全力でサポートする親切丁寧な対応の現れと言えます。

ファクタリング業者の中には、残念ながら詐欺まがいの悪質な業者も存在します。

会社や担当者に、安心感や信頼感があるというのは、ファクタリング業者を選ぶ上では大きなポイントとなりますね。

ノンリコースに対応

ノンリコースとは、ファクタリング契約成立後、債権回収先の会社が倒産した場合においても、支払われた買取金額が顧客に請求されないというサービス。

ファクタリングは、売掛金の権利を売買する契約なので、売掛先が倒産した場合は、売掛金が回収できなくなります。

償還請求権があるファクタリング会社だと、売掛先が倒産した場合の未回収分を、ファクタリングの利用者が支払わなくてはいけません。

ライジング・インベストメントマネジメントは、ノンリコースに対応しているため利用者はリスク軽減ができますね。

3社間ファクタリングに強い

2社間ファクタリングに比べ、3社間ファクタリングは圧倒的に手数料が安くなります。

そしてライジング・インベストメントマネジメントは3社間ファクタリングを推奨しています。

3社間ファクタリングの場合、債権回収先の会社にもファクタリング契約を行うことが知られてしまうというデメリットもあります。

ですが、95%以上の顧客満足度という数字から、取引先との関係性など機微な部分に対しても抜け目無くサポートしてくれることがわかります。

『ライジング・インベストメントマネジメント』の口コミ・評判

ライジング・インベストメントマネジメントの口コミ、評判

ここでは、実際に利用した方の口コミをご紹介します。

良い口コミも悪い口コミもあるので、どちらも参考にしてください。

『ライジング・インベストメントマネジメント』の良い評判

卸売業 神奈川県 Jさん

口コミ・評判:★★★★★
予想外に在庫が出てしまい、販売チャンスを逃すまいと急遽仕入れを決めました。

仕入代金が必要となり、小売業者さんへの請求書を現金化しました。ライジング・インベストメントマネジメントさんのファクタリングを利用したおかげで、仕入れや販売が予定通りできたのでよかったです。

口コミ・評判:★★★★★
私の会社は行政からの受注がメイン。

支払いに対しては安心なのですが、支払日までにどうしてもお金が必要になったので利用させていただきました。

出張OKとのことでしたが、まさか沖縄まで来てくれるとは! ありがとうございました。

口コミ・評判:★★★★★
季節により一時的に売上が下がるスタイルの飲食業です。厳しい時期に、会社経費でけっこうな金額をつけにしている法人さんへの請求書をファクタリングさせていただきました。

このようなパターンでも利用できるとは驚きでした。

ライジング・インベストメントマネジメント』の悪い評判

口コミ・評判:★★★
倉庫を整理して家賃を減らそうと思い、在庫も買い取ってくれるというライジング・インベストメントマネジメントさんを利用しました。

在庫も無くなり満足なのですが、もう少し査定を高くしてくれると嬉しいです。

口コミ・評判:★★★
独立する前に働いていた会社で、社長がライジング・インベウトメントマネジメントさんを利用していたので、私もお付き合いしたいと思ったのですが、個人事業主では取引が難しいようで、利用できず残念でした。

『ライジング・インベストメントマネジメント』の資金調達(ファクタリング)申し込みから契約まで【審査や調達方法を紹介】

ライジング・インベストメントマネジメントの申し込みから契約まで

ここでは、ファクタリングを利用する際の流れや必要な書類についてみていきましょう。

即日入金を希望している方は事前に書類をそろえておくとスムーズに進められます。

STEP1.問い合わせ・申し込み

問い合わせ、申し込み

ファクタリングを利用したい、相談したいという方は、まず問い合わせてみましょう。

平日9:30から18:00までの電話相談(0120-039-456)と公式ホームページ上のお問い合わせフォームの2種類から問い合わせすることができます。

STEP2.仮審査

仮審査

ライジング・インベストメントマネジメントの担当者が電話で詳しくヒアリングを行います。

必要書類もここで伝えられます。

事前に聞いておきたいことや心配なことがある場合はこの段階で質問しておくと良いです。

STEP3.ご面談 本審査

面談、本審査

本審査では、直接面談・審査を行います。

銀行の融資とは違い担保、保証人は不要ですが、書類がそろっていないと審査に通過できなかったり時間がかかってしまうため、きちんと準備しておく必要があります。

契約時に必要な書類

契約に必要な書類は以下になります。

  • 身分証明書
  • 謄本
  • 印鑑証明書
  • 決算内容確認書類
  • 納税証明書
  • 過去・直近の取引・入金が確認出来る書類
  • 取引先との基本契約書
  • 成因資料(発注書・納品書・請求書)

審査に必要な書類

審査に必要な書類は以下になります。

  • 登記簿謄本
  • 請求書や発注書、取引基本契約書(取引内容や請求額を証明する書類)
  • 納税証明書
  • 身分証明書
  • 売掛金の入金履歴が確認できる書類

資金調達がNGとなる場合

銀行の融資と比べると審査に通りやすいファクタリング。

ですが、当然、審査に落ちる可能性もあります。

例えば、売掛先の業績が悪い、取引実績が浅く売掛金の信憑性が低い、売掛先が個人事業主などの場合です。

売掛金の売買をおこなうファクタリングにおいては、利用者よりも売掛先の信用度を重視されます。

売掛金が回収できなければファクタリング会社の損失になるため、売掛金が未回収となるリスクがあれば審査に通らない可能性が高いのです。

通過率の目安はどのくらい?

一般的なファクタリングの審査通過率は50%程度。

ライジング・インベストメントマネジメントの審査通過率は公開されていませんでしたが、リピート率や満足度からすると、平均よりも高いと考えられます。

また、創業1年未満・ベンチャー企業、個人事業主にも対応していることから、他社と比べて審査は緩い可能性が高いです。

STEP4.ご契約

契約

審査に通れば契約成立となります。

書類に不備があれば、審査に時間がかかることもあります。

STEP5.入金・支払い

入金、支払い

契約完了とともに代金が指定の口座に振り込まれます。

ノンリコースに対応しているため、支払われた資金は戻される心配はありません。

『ライジング・インベストメントマネジメント』の総合評価・まとめ

ライジング・インベストメントマネジメントの公式ホームページに手数料の詳細が記載されていない、というのは新規にファクタリング契約を考えている場合懸念材料になるかもしれません。

しかし、リピート率や満足度の高さから、しっかりとした知識を持った信頼できる会社といえそうです。

全国に出張買取に行くなどエネルギッシュな面もあり、ファクタリング会社の少ない地方の経営者にとっては有難いのではないでしょうか。

資金繰りに困った時は、ライジング・インベストメントマネジメントのファクタリングサービスの利用を考えてみてください。

コメント